「人生向上委員会」

人生を変えるきっかけとなる素敵な言葉、力のある言葉を毎日発信しています。

英語の話。知っていれば少し違うポイント。

こんばんは。
髙橋大地です。
暑い日が続いており、まいっちゃいますね。

さて、<<人生のリスクヘッジと英語>>で書かせていただきました、英語の学びをちょっとお知らせします。
知っているのと知らないのとでは聴こえ方が大きく違うことを紹介したいと思います。

ある予備校かなんかのCMで、「【ask him】アスキムと聞こえる。アスクヒムと聞こえない。聞こえないんじゃない、言ってないんだ」と凄まじい抑揚で話しているのを聞いたことがありますよね?
その件です。
速すぎて聴こえないんじゃなく、最初から言ってない。
これはask himに限った話ではなく、ネイティブな英語はこのように省略されているのです。
省略する法則は細かくあるらしいのでここでは書ききれませんし、第一、僕が知りません笑
ある映画で、主人公が「screw it!」と言っているシーンがありました。
畜生!とか、クソッ!とかそういう綺麗ではない言葉ですね。
それを何度再生しても、「スクリューイット」とは聴こえず、「スクリュゥット」と聞こえるのです。
上記の話を聞き、すんなり納得したものです。itの「i」が省略されるということですね。
この、単語間の省略が存在するということを知っておけば、洋画を字幕で見た際に、聞いたことのない単語に聞こえる理由も、早すぎてチンプンカンプンというのも、早いんじゃなく最初からそう言ってないんだというのが分かります。
知っていると聴こえ方も大違いです。

異国後の言語について面白い話を最後に。
発展後進国では、TVゲームというのは英語、そして日本語が多いそう。
ローカライズするお金をかけられないため、いわゆる直輸入という形を取るので、ゲームをやる人はその言語を扱うことができるようになるそうです。
そして日本のゲームはいわゆる「萌え系」が多く、話すのはもっぱら女性。
こうしてプレイヤーは女性のような言葉使いになるというのでした。
ともかく、楽しんで学ぶことは習得の速さにつながります。ノートに書きこむ勉強より、英語で何か楽しむことの方が早いかも…!?