「人生向上委員会」

人生を変えるきっかけとなる素敵な言葉、力のある言葉を毎日発信しています。

「我見」と「離見」

こんばんは、酒井隆行です。

f:id:activesakai:20210114192410j:plain

世阿弥能楽論書「花鏡」で述べた言葉に

「我見」と「離見」というものがあります。

 

芸の世界には良い演者と悪い演者がいて、

それを分けるのは「目」であるとのこと。

 

悪い演者というのは、自分自身(我)が周りを見つめる目、

すなわち「我見」しかない。

 

良い演者は自らの体を離れたところから

自分を客観視する「離見」の目を持っているといいます。

幽体離脱をして、あらゆる方向から自身の演技を見る目。

 

そして、自分側の「我見」を「離見」と一致させていくことが、

芸に秀でる上で重要だと、世阿弥は述べています。

 

非常に難しく書いていますが、

「我見」は知識がなくても、何も考えなくても出来ること。

 

「離見」は日々知識を球めながら、

己を高めていなければ出来ないことです。

 

日々の生活や仕事の中で、

「離見」をするのはとても難しいことだと思いますが、

何事も少し考えて、心に余裕を持ち対応するように心がけて

笑顔を提供できる人を目指します!